Web・アプリ・ゲーム開発などIT業界専門の求人サイト「IT転職チャレンジャー」

スキルシートを送ると3日以内に面接オファーが届く!

エンジニアのキャリアビジョン。エンジニアとして何を目指すのか、今後の選択をどうするのか、あなたはもう決めていますか?

エンジニアが目指すキャリアゴールは1つではありません。自分に合ったキャリアビジョンをみつけましょう。

エンジニアとして何を目指すのか、今後の選択をどうするのか、あなたはもう決めていますか? キャリアゴールの選択肢はいろいろ。キャリアビジョンをしっかり持って、目指すゴールに対して何をすべきかここで考えてみましょう。

★スキルアップのために勉強する

スキルアップのために勉強する

「言われなくてもわかっている」と言われそうですが、キャリアビジョンを描きゴールを目指してステップアップするためには、仕事で覚えること以外の知識を得るための勉強もしなければいけません。
新しい知識やスキルは身につけ、人より一歩先行くエンジニアを目指すには、それが最善の方法だからです。

エンジニアとしての実力を上げるのも下げるのもすべて自分次第、誰も助けてはくれません。
エンジニアとしてステップアップを目指すには、それくらいの覚悟が必要です。

★身につけるスキルを考える

キャリアビジョンを考えたときに、自分の市場価値を客観的に分析してみましょう。
IT業界はものすごいスピードで進歩しています。価値基準の流れが非常に速く、エンジニアに対する要求も日々大きくなります。
そのため、今勉強しているスキルは5年後にも同じ価値があるのか、10年後には廃れていないだろうかと、常に先を見据えて考えることが大事です。

この先どんなスキルを身につけて行けば、自分の価値が上がるのかをしっかり見極めて、何を勉強するのか決めましょう。

★エンジニアのキャリアゴール

エンジニアの目標はマネージャー、スペシャリスト、コンサルタント、独立など多様化してきています。

一昔前、エンジニアの目標といえば、「プログラマー」→「システムエンジニア(SE)」→「プロジェクトリーダー(PL)」→「プロジェクトマネージャー(PM)」という流れで、 最終的にPMを目指すのが一般的でした。
なぜならリーダー的な立場でプロジェクト全体を管理、推進することがエンジニアの花形とされていたためです。

一方、専門分野でのスキルに秀でているスペシャリストは、現場では重宝されるのですが「リーダーの素質が無い」というマイナスイメージがあり、PMに対しての人気はいまひとつでした。
ところが最近は技術の進歩が進み、特定分野の技術に秀でているスペシャリストのニーズがマネージャーと同じぐらい高くなったため、スペシャリストも エンジニアが目指すキャリアゴールの一つと考えられるようになってきています。

また、企業のITコンサルタントとして経営を大きく動かすような仕事がしてみたいとか、SEの段階から様々なクライアントとつながりを作り、 独立して自分で会社を経営して行きたいなど、キャリアゴールの選択肢も増えてきています。
このように、エンジニアの目標はマネージャー、スペシャリスト、コンサルタント、独立など多様化してきています。
あなたも、どのようなキャリアを積んで最終的にどうなりたいのか真剣に考えてみましょう。

★プロジェクトマネージャーを目指す方

プロジェクトマネージャーを目指すエンジニアが行うこと

プロジェクトマネージャー(以下PM)を目指すのであれば、当たり前ながらプロジェクトに参加した経験が必要となります。
様々なプロジェクトに参加して、そのPMの役割を近くで観察してください。おのずとこれから磨かなければならない能力が見えてくるはずです。

設計やプログラミング能力
設計やプログラミング能力PGからPL、そしてPMへと成長する一般的なステップを経て、スキルアップしていきましょう。技術的な部分は問題なく身につけることができるはずです。
コミュニケーション能力
プロジェクトを成功に導くために欠かせないのがコミュニケーション能力です。クライアント、協力会社、チーム内と多くの人が集まってプロジェクトを進めて行くわけですから、その中心となるPMは伝達の中心として橋渡しをしなければなりません。
そのためにコミュニケーション能力の高さが求められます。日頃の業務を行いながらも常に意識して働くようにしましょう。
マネジメント能力
プロジェクトの全体を誰よりも把握しているのがPMです。
スケジュール管理はもちろん、誰がどこでどんな役割をしているのか、遅れている部分はないか、等々俯瞰で物事を確認し、常に事前に対策を講じなければなりません。
日頃からプロジェクト全体をイメージしながら働くことを意識しましょう。

★ITスペシャリストを目指す方

ITスペシャリストを目指すエンジニアが行うこと

SEとして広い技術的なスキルを身につけた後、さらに全体を管 理するPLやPMにキャリアアップをするのではなく、逆により狭い範囲を深く極めて行くのがITスペシャリストへの道です。
ITスペシャリストは専門性に より「DBスペシャリスト」、「ネットワークスペシャリスト」、「プラットフォームスペシャリスト」、「アプリケーション共通基盤スペシャリスト」、 「システム管理スペシャリスト」等に分けられます。

DBスペシャリスト
DBに関する特別な知識やスキルを身につけることでスペシャリストになります。情報システム全体のデータベースの設計、構築、管理ができる能力が求められます。
ネットワークスペシャリスト
インターネット、電子メール、LAN等のネットワーク知識、安定した運用ができる情報システムのネットワーク設計を行う能力が求められます。
アプリケーションスペシャリスト
クライアントの要望を聞き取る能力、プロジェクト管理能力、プログラミングスキル、コミュニケーション能力が求められます。
システム管理スペシャリスト
ハードウェア、ソフトウェア、アプリケーションについて運用、構成管理、監視などのシステム構築を行う能力が求められます。

★システムコンサルタントを目指す方

システムコンサルタントを目指すエンジニアが行うこと

システムコンサルタントとは、クライアントが抱える情報化戦略の課題を浮き彫りにし、システムで解決に導くプロジェクトにおける上流工程を担当する仕事です。
多くの場合において、まずシステムコンサルタントが顧客の要望に応じて設計を行い、それに基づいてシステムエンジニアやプログラマーが実際にプログラムを組み上げるという流れでシステムが構築されます。

求められる能力
しっかりとプログラミング能力やシステムに関する深い知識と同時に、論理的思考力、課題発見力などの基礎能力、またクライアント企業の経営陣を説得できるほどの コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、コンサルティング経験が求められます。
システムコンサルタントへの道
キャリアアップの道筋としては、PMがさらに経験を積んでなるケースが一般的です。
企業の経営を左右する立場になるためその責任は重いですが、その分収入も高く年収1,000万円以上も夢ではありません。

★起業(経営者)を目指す方

起業(経営者)を目指すエンジニアが行うこと

起業はそのほかのキャリアと大きく違います。このキャリアを選ぶポイントは 1つだけ。「どうしてもやりたいことがある」ということです。
申し訳ないですが、やりたいことが特にない人は起業のチャンスがあったとしてもやめた方がいいでしょう。
必ずと言っていいほど途中で行き詰りますし、実際やってみるとはたから見ているよりずっと苦労が多いもので、耐えられなくなって廃業するケースがよくあります。
逆に「どうしてもやりたいことがある」人は、そのためのスキルや経験をためてぜひ挑戦してみてください。組織の中で見る景色とは、また違う景色が見られることでしょう。

起業(経営者)に必要な能力
起業する場合に身につけていたほうがいい能力はとても多くありますが、これがないと起業できないという能力はありません。またこれがあれば成功できるという能力もありません。
一人で起業するのか、仲間と一緒にやるのか、人脈はあるのか、資金はあるのかなど、条件や市場環境によって大きく状況が変わるからです。
ただ起業で成功した経営者が、よく言う成功の秘訣が一つあります。それは「やり続けること」です。
もしあなたが起業(経営者)を目指すなら、決してあきらめないよう自分に言い聞かせてください。

新規会員登録はここから

IT転職サポート情報

IT転職チャレンジャー(転チャレ)は、Web・スマホ・ゲーム業界などIT業界で働きたいエンジニア・プログラマ―・クリエイターの転職活動に役立つ、IT業界専門の転職/求人サイトです。 取り扱う求人は、正社員以外にも、契約社員、派遣社員、アルバイト、インターン、フリーランスなど多数。 毎日更新される全国の転職・求人情報は、勤務地、職種、雇用区分、特徴ル、路線、駅名、給与などの条件や、Java / PHP / C++ / Ruby / Python / Perl / CSS / HTMLなどのプログラミング言語などから検索! 会員登録すると、仕事探しに便利な「検討中求人リスト」「応募済み求人リスト」「簡単WEB応募」なども利用OK。 また、匿名のスキルシートを公開すると、3日以内に複数の企業から一斉に面談オファーが届く「一括スキルチャレンジ」には会員登録なしで参加OK。理想の企業に出会うまで、何度でもチャレンジできます。 その他、転職活動で知りたい履歴書・スキルシート・職務経歴書のフォーマットや書き方、面接・コミュニケーションの必勝法など転職ノウハウも満載。
大手から中小、ベンチャー企業まで、Web系・IT業界での転職活動、仕事探しはIT転職チャレンジャーにお任せください。あなたの未来はきっと3日で変わります。

IT転職求人の検索画面を閉じる

雇用区分からIT転職求人を検索

雇用区分を選択してIT転職求人の情報を検索できます。