Web・アプリ・ゲーム開発などIT業界専門の求人サイト「IT転職チャレンジャー」

スキルシートを送ると3日以内に面接オファーが届く!

エンジニアのスキルシート必勝法

スキルシートとは?

スキルシートはWeb系・IT系の職種のための職務経歴書です。転職の際には必ず必要となってくる「スキルシート」。ポイントをおさえて正確で丁寧に表現することで、あなたの評価が120%上がります!

スキルシートは、転職を成功させるために作成する最も重要な応募書類です。

IT、Web系の転職の場合、応募先企業から履歴書に加えてスキルシート(職務経歴書)の提出を求められます。これは応募先の企業が、応募者のスキル、経験、実績などをスキルシートから判断し、即戦力となりえる人材かを判断するためです。
スキルシートは、企業に情報提出するために作成するのではなく、キャリアや能力を効果的にアピールし、転職を成功させるために作成する、最も重要な応募書類です。

スキルシートに決まった書式はありません。

スキルシートは、経験や実績などをアピールする重要なツールであるため、スキルや経験、実績などできるだけ詳しく、具体的に書く必要があります。また書式も自由に作成することができます。 しかし採用担当者が興味を示さないことを長々と書いても意味はありません。
採用担当者が知りたいことに絞り、関連する自分の能力をまとめ、わかりやすい書式で作成する必要があります。採用担当者は、スキルシートから内容だけでなく「伝える能力」や「効率よくまとめる能力」までも読み取ろうとしますので、スキルシートの構成を決めることはとても重要な作業となります。

採用担当者がスキルシートでチェックすること。

どんなプロジェクトを
担当してきたか
業務に対する専門知識、
能力はあるか
即戦力としての
実務スキルがあるか
仕事に対する
向上心があるか
組織への
適合性があるか
効率的に
まとめられるか
どんなプロジェクトを
担当してきたか
業務に対する専門知識、
能力はあるか
即戦力としての
実務スキルがあるか

伝わるスキルシート(職務経歴書)のポイント

Point1

A4用紙で多くても2~3枚程度

企業から指定がなければ、ビジネス書類のサイズであるA4で作成しましょう。
用紙をタテに使用し、横書きで、枚数は1?2枚、多くても3枚でまとめるのが理想的です。

Point2

伝えたい情報にポイントをあててアピール

採用担当者は、自社で必要な人物かどうかをスキルシートから読み解きます。
その企業がどんな人材を欲しているのかを想像しながら、自分の伝えたいポイントをアピールしましょう。

Point3

プロジェクト内容は具体的に

採用後のプロジェクトに合う人物かどうか、採用担当者はプロジェクト経験を隅々までチェックします。
要点をまとめて、できるだけ多くこれまでの経験をアピールしましょう。

Point4

あなたのスキルをわかり易く表現

経験したサーバー環境やコンピュータ言語、ツールなどを記載しましょう。
それぞれどのレベルにあるのかも合わせて表記することでわかり易くなります。

Point5

最後に必ず客観的に読み直そう

文章が論理的に書いてあるか、経歴は具体的に書いてあるかなど、採用担当者の視点で必ず読み直しましょう。
略語など以前の会社で通用していた言葉が伝わらないケースもあります。

スキルシート(職務経歴書)の形式

通常スキルシートの場合は「1.逆編年体形式」で記入します。
ただし、新卒で入社してから間もなかったり、IT系企業でも営業職やその他一般的な職種の場合は職務経歴書として提出するため、一般的な「2.編年体形式」で記入すると良いでしょう。

エンジニアのスキルシート(逆編年体形式)

1.逆編年体形式

ITやWebなど のスキルを求められる職種の場合は「逆編年体形式」が基本です。
逆編年体形式は、直近の仕事を一番上に書く形式です。スキルアップをねらう転職者に とっては、より現在の能力を採用担当者にアピールできる形式です。
さらに経歴の中で強調したい部分には下線を引いて目に留まるようにする工夫も必要です。

エンジニアのスキルシート(編年体形式)

2.編年体形式

一般的な職務経歴書の形式です。自分の職歴に沿って時系列で上から順番に記載していきます。
職歴の浅い方 や職歴は長くても職種があまり変わっていない方にオススメです。順番に書くと伝えたいことが埋もれてしまうため、 その部分だけ太字にしたり下線を引いたり してアクセントをつけることが大切です。

エンジニアのスキルシート(キャリア形式)

3.キャリア形式

キャ リア形式は、これまでに経験した業務をアピールしたい順番で書く形式です。
転職経験が多い場合や複数の職種を経験している場合は、経験した業務の中で一番 アピールできるものを上に記載できるのでいいでしょう。 しかし、この形式では時系列に沿った経験が分かりづらいので、略歴をつけるとよいでしょう。

スキルシートの基本構成~Web系~

HTML、CSSなどのマークアップ言語スキル、またPhotoshopやIllustrator等のデザインソフト、加えてクライアントとの打ち合わせや、 スケジュール、スタッフのディレクション業務がどの程度できるのかを問われます。
デザイナーであればこれまでの作品が、ディレクター志望であればマネジメント能力が大きく問われますので、スキルシート内で詳しくアピールしましょう。

Web系のエンジニアのスキルシートの基本構成

保有技術・得意分野

保有技術と得意分野はあなたを採用することで企業が得られるメリットです。採用後の配属にも影響するので余すことなく記入しましょう。

自己PR

経歴で伝えきれないことはPRで補います。勉強していること、職歴以外で学んだ知識、就職後に挑戦したいことなどがこれにあたります。 デザイン技術やディレクション経験、取得済みの資格がある場合もこの欄に記載しておきましょう。
また、コミュニケーション能力も知りたいポイントですので、チーム内や職場・常駐先での周囲との関わり方、クライアントとの関係などもできるだけ記載しましょう。

資格

資格は略称ではなく正式名称で記入しましょう。ビギナー資格であっても判断は採用担当者がしますので必ず記入しましょう。

プロジェクト名・業務概要

具体的なサイト名と担当した業務を箇条書きで記入します。※公にできないサイトの場合は書ける範囲で記入してください。 プロジェクトを通して身につけたスキルや業務への貢献度が分かるものがあれば記入しましょう。またマネジメント経験、予算管理経験などもあれば記入しましょう。

制作サイトURL・キャプチャ

制作実績は、出せる範囲で記載するのがいいでしょう。具体例があると企業もあなたの業務内容をイメージしやすくなります。

使用言語ツール・作業工程

担当業務別に職務内容を記載します。業務についてわかり易く簡潔に書いてください。 使用したソフトウェアと言語、役割は企業があなたの業務をイメージする際に必要になりますので、漏らさず記載するようにしましょう。

スキルシートの基本構成~エンジニア系~

採用担当者はあなたを採用することで、どのプロジェクトのどんな役割で力が発揮できるのかを見ていますので、これまでの実績と得意分野(強み)を詳しく記入しましょう。 また、どんな職場・プロジェクトであっても、チームで進める場合がほとんどですので、コミュニケーション能力に注目している担当者がほとんどです。 チーム内での役割や関わり方なども記載し、マネジメント能力など、少しでもアピールできる経験があれば漏らさず記入するようにしてください。

エンジニア系のスキルシートの基本構成

保有技術・得意分野

使用言語や環境、これまでの開発で力を発揮できたところなどをしっかりと記入しましょう。採用後の配属にも影響することがあります。

自己PR

経歴で伝えきれないことはPRで補いましょう。勉強していること、職歴以外で学んだ知識、就職後に挑戦したいことなどがこれにあたります。 使えるプログラミング言語や取得済みの資格がある場合もこの欄に記載しておきましょう。
また、コミュニケーション能力も知りたいポイントですので、チーム内や職場・常駐先での周囲との関わり方、クライアントとの関係などもできるだけ記載しましょう。

資格

資格は略称ではなく、正式名称で記入しましょう。ビギナー資格であっても判断は採用担当者がしますので必ず記入しましょう。

プロジェクト名・業務概要

具体的なプロジェクト名と担当した業務を簡潔に記入します。 プロジェクトを通して身につけたスキルや業務への貢献度が分かるものがあれば記入しましょう。
また研修・教育担当などの経験や、スケジュールや予算管理等の経験があればマネジメント能力のアピールになりますので記入してください。

サーバ・OS、DB、FW・MWツール等、使用言語

開発環境を具体的に記入しましょう。特殊なものでも余すことなく入力することで企業からの評価が上がることがあります。

作業工程

要件定義、基本設計、詳細設計、実装・単体、結合テスト、総合テスト、保守・運用の各作業工程で、あなたが担当したものに「●」をつけましょう。

職種別スキルシート(職務経歴書)の見本・サンプル15種

エンジニア、プログラマ―、Webデザイナー、ITコンサル・プリセールスなど、職種別にスキルシート(職務経歴書)の見本・サンプルを紹介。 書き方のポイント、チェック項目を確認できます。
15職種の見本・サンプルから自分が希望する職種、経歴に合ったものを選び、スキルシート(職務経歴書)の作成に役立ててください。

システムエンジニアの
スキルシート(職務経歴書)の見本・サンプル

システムエンジニアのスキルシート(職務経歴書)の見本・サンプル。システムエンジニアの転職に役立つスキルシート(職務経歴書)の見本・サンプルを紹介。書き方のポイント、チェック項目を確認してスキルシート(職務経歴書)の作成に役立ててください。

プログラマ―の
スキルシート(職務経歴書)の見本・サンプル

プログラマ―のスキルシート(職務経歴書)の見本・サンプル。プログラマ―の転職に役立つスキルシート(職務経歴書)の見本・サンプルを紹介。書き方のポイント、チェック項目を確認してスキルシート(職務経歴書)の作成に役立ててください。

職種別スキルシート(職務経歴書)の見本・サンプルはここから

IT転職サポート情報

IT転職チャレンジャー(転チャレ)は、Web・スマホ・ゲーム業界などIT業界で働きたいエンジニア・プログラマ―・クリエイターの転職活動に役立つ、IT業界専門の転職/求人サイトです。 取り扱う求人は、正社員以外にも、契約社員、派遣社員、アルバイト、インターン、フリーランスなど多数。 毎日更新される全国の転職・求人情報は、勤務地、職種、雇用区分、特徴ル、路線、駅名、給与などの条件や、Java / PHP / C++ / Ruby / Python / Perl / CSS / HTMLなどのプログラミング言語などから検索! 会員登録すると、仕事探しに便利な「検討中求人リスト」「応募済み求人リスト」「簡単WEB応募」なども利用OK。 また、匿名のスキルシートを公開すると、3日以内に複数の企業から一斉に面談オファーが届く「一括スキルチャレンジ」には会員登録なしで参加OK。理想の企業に出会うまで、何度でもチャレンジできます。 その他、転職活動で知りたい履歴書・スキルシート・職務経歴書のフォーマットや書き方、面接・コミュニケーションの必勝法など転職ノウハウも満載。
大手から中小、ベンチャー企業まで、Web系・IT業界での転職活動、仕事探しはIT転職チャレンジャーにお任せください。あなたの未来はきっと3日で変わります。

IT転職求人の検索画面を閉じる

雇用区分からIT転職求人を検索

雇用区分を選択してIT転職求人の情報を検索できます。