Web・アプリ・ゲーム開発などIT業界専門の求人サイト「IT転職チャレンジャー」

スキルシートを送ると3日以内に面接オファーが届く!

エンジニア・プログラマ―・クリエイターのための差がつく面接講座

IT業界への転職を考える方に役立つ!「差がつく面接講座」。IT業界ならではの面接でのポイント、面接での注意点、面接でよくある質問などを分かりやすく解説。

面接は何回経験しても緊張するものです。緊張状態でも自分をしっかりアピールするには事前対策がとても大切。 面接が決まったら面接成功のための5つのポイントをチェックして、事前対策をしっかり行いましょう!

★面接に役立つ5つのポイント

ポイント1、一番みられるところ。ポイント2、必ず聞かれる質問。ポイント3、応募した理由。ポイント4、仕事のこだわり。ポイント5、残業はできるのか

その1、面接で一番見られるのはコミュニケーション能力

コミュニケーション能力|エンジニア・プログラマ―・クリエイターのための差がつく面接講座

あなたのスキルや資格、過去の実績などは、職務経歴書やスキルシートを確認すれば面接の前におおよそ把握することは可能です。
そこで、採用担当者は事前書類だけではわかりづらい、あなたのコミュニケーション能力に一番注目して面接に望みます。
つまり、面接において「感じの良い人だな」と第一印象で思ってもらえたら半分は成功なのです。
そのためにはどうすればいいでしょうか。実は簡単な方法が一つあります。それはあなたが出会ったときに第一印象が良かった人物の真似をするということです。
顔の表情や会話のテンポ、聞く姿勢などを想像して、少しずつ真似る練習をしてみましょう。

その2、必ず聞かれるのが「転職理由は何ですか?」という質問

必ず聞かれる質問|エンジニア・プログラマ―・クリエイターのための差がつく面接講座

転職理由は人それぞれ。現在の環境にとても満足していれば転職しようという気にならないため、不満は少なからずあるはずです。
しかし、不満をそのまま転職理由にしては、あまり良い印象は持たれません。
そこで、転職することで「できなかったこと(不満)」が「できる」ようになるという視点で志望動機を考えましょう。
「○○ができないから転職したい」ではなく、「○○をしたいので御社に転職したい」というプラス思考で伝えることで、良い印象を与えることができます。

例)「○○を目指し○○といったスキルを身につけました。御社では勉強したスキルを○○のような業務で発揮することができます!」
なお、「人間関係で・・・」という理由は、本人のコミュニケーション能力も問われてしまうため避けたましょう。

その3、説得力のある志望動機を用意

志望動機を用意|エンジニア・プログラマ―・クリエイターのための差がつく面接講座

「なぜ当社を志望されたのですか?」という質問は、必ずと言っていいほどされます。
欲張りなようですが、業界、応募先企業、さらにその企業で携わる仕事内容に対する思いの3つをしっかり伝えるようにしましょう。
3つの思いを用意するためには、業界誌や応募先企業のホームページ、IR情報などから詳細な情報を入手し、確認した上で念入りに用意しなければ、採用担当者に熱意が伝わりません。
しっかり勉強してから面接に臨んでください。

その4、仕事に対するこだわりはありますか?という質問には明確な回答が必要

明確な回答が必要|エンジニア・プログラマ―・クリエイターのための差がつく面接講座

現職(前職)で実際に自分がこだわっていた事例なども交えて、なぜそうしていたのかを伝えるようにしましょう。
例えば、「毎日向上心を持って仕事に臨んでいます。スキルアップすることで自分のできる幅を広げることができ、同時に会社の利益にもなるからです。」など。
更に、現職でどんなスキルアップができて、会社でどのように活かせたのかを説明するようにしましょう。
一般的に「こだわり過ぎ」と思われることや、わかりづらいことはさけた方がいいかもしれません。
あまりにも細かいところにこだわりすぎて、頑固な印象や協調性がないと取られないよう注意してください。

その5、残業はできますか?と聞かれた場合

残業に対する質問|エンジニア・プログラマ―・クリエイターのための差がつく面接講座

とても難しい質問です。「残業はちょっと…」という回答はマイナスイメージを与えますが、逆に「残業いっぱいします」という回答も時間を有効に使えない印象を与えかねません。
「限られた時間の中で最大限の成果をあげたいと考えているが、それでも時間が足りない場合は残業も大丈夫」という回答がベストでしょう。

面接直前ワンポイントアドバイス

面接直前ワンポイントアドバイス|エンジニア・プログラマ―・クリエイターのための差がつく面接講座

◆当日の交通、所要時間は事前に調べておきましょう。
◆面接前に大きく、ゆっくり深呼吸すると不思議と落ち着きます。
◆いつもより大きな声で、ゆっくりと話すよう意識しましょう。
◆過去の栄光ではなく、入社後に何ができるか伝えましょう。
◆見栄や嘘はすぐにボロが出ます。等身大の自分で挑みましょう。
◆質問に答えるときは、あせらず一呼吸おきましょう。

面接Q&A

Q&A|エンジニア・プログラマ―・クリエイターのための差がつく面接講座

.面接のときはどのくらい前に訪問するのが良いですか?

.ビジネス的な常識で言えば、早くすぎるても失礼になります。約束の時間5分~10分前くらいに到着するのが良いでしょう。
但し途中で迷って間に合わなかったということの無いように、少し早めに着いて会場を確認してから、5分~10分前くらいまで近くで待つのがベストです。

.面接で服装の指定が無い場合は何を着れば良いですか?

.指定が無い場合は基本スーツが良いでしょう。
カジュアルな職場とわかっていても、面接にカジュアルな服装でいくと「常識のない人物」と評価される恐れがあります。

.ヒゲは面接前に剃らないといけませんか?

.個性は大切です。しかし面接官はその人のビジネスマナーも同時に見ています。
髭はまた伸びます。面接ではきれいにそり落としてから臨むことをお勧めします。

.結婚や出産について聞かれたら?

.企業はあなたが長く働けるかどうかを確認するためにあえて質問しています。
しかし、嘘をついて入社できたとしても良いことは一つもありません。
予定があるなら正直に答えた上で、長期で働きたい旨を伝えるようにしましょう。

.面接のときに面接官の顔を見すぎると逆に失礼?

.基本的に面接官の顔を見ることは悪くありません。しっかりと目を見て話をしましょう。
ただし見続けると相手も疲れてしまいますので、適度に口元や手元に視線をそらすのが良いでしょう。

.現在選考中のほかの会社のことは話さない方がいいですか?

.同時に別の企業の選考を受けていることは、マイナスイメージにはなりませんので構わないかと思います。
ただし余計な詮索を避けるためにも、具体的な社名までは伝えない方がいいかもしれません。

.給与等の条件面についてあまり質問すると悪印象でしょうか?

.これから契約するにあたり、条件面を確認しておくことはとても重要です。 気になることがあれば積極的に確認しておきましょう。
ただし、条件交渉などを細かく行うと印象を悪くする恐れがありますので、希望条件などを伝える程度にした方が良いでしょう。

.お礼状は書面で出した方が良いのですか?

.熱意や感謝の気持ちを伝えられるため、お礼状を送るのはいいことです。
書面ではなくメールでも十分に伝わりますので、IT業界ではスピードを考慮してEメールがお勧めです。
ただし、Eメールで送る場合は面接した当日中に送らないと評価されませんので注意してください。
なお、書面で送る場合は面接日から3日以内に到着するよう投函してください。

新規会員登録はここから

IT転職サポート情報

IT転職チャレンジャー(転チャレ)は、Web・スマホ・ゲーム業界などIT業界で働きたいエンジニア・プログラマ―・クリエイターの転職活動に役立つ、IT業界専門の転職/求人サイトです。 取り扱う求人は、正社員以外にも、契約社員、派遣社員、アルバイト、インターン、フリーランスなど多数。 毎日更新される全国の転職・求人情報は、勤務地、職種、雇用区分、特徴ル、路線、駅名、給与などの条件や、Java / PHP / C++ / Ruby / Python / Perl / CSS / HTMLなどのプログラミング言語などから検索! 会員登録すると、仕事探しに便利な「検討中求人リスト」「応募済み求人リスト」「簡単WEB応募」なども利用OK。 また、匿名のスキルシートを公開すると、3日以内に複数の企業から一斉に面談オファーが届く「一括スキルチャレンジ」には会員登録なしで参加OK。理想の企業に出会うまで、何度でもチャレンジできます。 その他、転職活動で知りたい履歴書・スキルシート・職務経歴書のフォーマットや書き方、面接・コミュニケーションの必勝法など転職ノウハウも満載。
大手から中小、ベンチャー企業まで、Web系・IT業界での転職活動、仕事探しはIT転職チャレンジャーにお任せください。あなたの未来はきっと3日で変わります。

IT転職求人の検索画面を閉じる

雇用区分からIT転職求人を検索

雇用区分を選択してIT転職求人の情報を検索できます。